ドラキュラZERO 作品情報

どらきゅらぜろ

串刺し公ヴラドが“ドラキュラ”になるまで

ドラキュラZEROのイメージ画像1
ドラキュラZEROのイメージ画像2

トランシルヴァニア地方を治めるヴラド・ドラキュラは、かつて“串刺し公ヴラド”との異名を取っていた。現在は良き父・良き夫として暮らしていたヴラドの元に、オスマン帝国からの使者がやって来る。オスマン皇帝・メフメトはヴラドの息子と1000人の少年たちを人質に差し出せと言う。申し出を断ったヴラドは使者を切り捨て、オスマン帝国に対抗する力を得るため、強大な闇の力と契約を結ぶ。彼は恐るべき力を得るが、体が血を求めるようになり…。

「ドラキュラZERO」の解説

1897年にブラム・ストーカーの小説で世界的アイコンとなった怪物“ドラキュラ”。本作『ドラキュラZERO』で描かれるのは、そのドラキュラが怪物に変貌したきっかけのドラマ。吸血鬼の“本当の起源”となるキャラクターが登場している点も注目だ。主人公のドラキュラことヴラドを演じるのは、『ホビット 竜に奪われた王国』のルーク・エヴァンス。かつては残虐な“串刺し公”として知られたものの、良き領主・良き父となった男。そんな男が家族や領民たちを守るため、闇の力で怪物へと変貌していくという多面性のあるキャラクターを、静かな激しさで演じている。CMディレクターとして活躍してきたゲイリー・ショア監督にとって、本作が長編初監督作となる。

ドラキュラZEROのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年10月31日
キャスト 監督ゲイリー・ショア
原作ブラム・ストーカー
脚本マット・サザマ バーク・シャープレス
出演ルーク・エヴァンス サラ・ガドン ドミニク・クーパー チャールズ・ダンス ザック・マッゴーワ
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2014)
上映時間 92分

(C)Universal Pictures

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、4件の投稿があります。

P.N.「こも太郎」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2015-02-01

ドラキュラ物好きなので初めてムビチケを購入して行きました。映像は工夫があって見応えありましたが話の展開に無理な雰囲気を感じ星一つ減らしました。もう少し分かりやすくした展開を望みました。最初のドラキュラでなく二番目が正しいのでは!?映画情報としては上映時間も付記して欲しく希望します!


レビューを投稿する

「ドラキュラZERO」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-26 13:15:47

広告を非表示にするには