ほんだら捕物帖 作品情報

ほんだらとりものちょう

“ほんだら”シリーズ第二作目

江戸後期。さる大藩の江戸上屋敷に、お人好しで正義感に溢れた馬廻り役、目白六平太が居た。だが、この種の善人が機構の中で住みにくいのは、今も昔も変りない。六平太は、この腐り切った侍社会に愛想をつかして、気楽な稼業とばかり長屋で浪人暮しを始めた。そうしたある日、三味線の師匠お勢という年増美人が、心臓を一突きにされて殺された。土地の岡っ引、花川戸の花七親分と子分の千八は、行動の怪しい盲の松の市、太鼓持ちの眼鯨、伊勢屋の若旦那栄之助らを取り調べるが、みんな各々にアリバイがあった。そんな時、こまり切った花七親分に、眼鯨が長屋に越してきた狼人目白六平太が怪しいと告げ口した。早速花七親分は、与力の安田伸山に逮捕状を請求するが、証拠不十分で断わられてしまった。が、そうするうちに、今度は当の六平太が、松の市が怪しいと言って来た。松の市は、実は眼が見えるというのだ。早速花七親分は松の市逮捕に向った。だが、すでに松の市は殺されていた。こまりきった花七の姿をみかねた花七の妻お勝は、六平太に援助を求めた。

「ほんだら捕物帖」の解説

前作「ほんだら剣法」でコンビの笠原良三がシナリオを執筆、森一生が監督した“ほんだら”シリーズ第二作目。撮影は「処女が見た」の牧浦地志。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演犬塚弘 谷啓 藤田まこと
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ほんだら捕物帖」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:15:11

広告を非表示にするには