旅人は夢を奏でる 作品情報

たびびとはゆめをかなでる

父帰る、そして家族は再会する

旅人は夢を奏でるのイメージ画像1

人気ピアニストのティモがコンサートを終えて帰宅すると、怪しげな男がドアの前で眠りこけていた。実はその男こそ、3歳の時に姿をくらました顔も覚えていない父親レオだった。35年ぶりの突然の帰還に戸惑いと怒りを覚えながらも、その頼みを断り切れずに運転手を務める事に。レオが調達してきた車に乗り込み、一路北へ向かう。途中、初めて会う姉夫婦を訪ね、一夜のアバンチュールに興じ、次第に父と子は絆を深めていく。

「旅人は夢を奏でる」の解説

深みのある低音と巨体で父レオを演じるフィンランドきっての演技派ヴェサ・マッティ・ロイリの茶目っ気に魅了されずにはいられない。偽造パスポートにコンビニ強盗。どれも失笑をかう稚拙なやり口なのだが、なぜかスルリと切り抜けてしまうのだ。その場しのぎの達人とでも言おうか。一方、息子ティモは約束は必ず守る真面目な性格。が、あまりの堅物ぶりに恐れをなした妻子は逃げ出してしまう。そんな父子の爆笑ロードムービーである。共に俳優かつミュージシャンとしても活躍するロイリとティモ役のサムリ・エデルマンが歌と演奏を聴かせるシーンはまさに絶品。待ちに待った名匠ミカ・カウリスマキ10年ぶりの新作は文句無しの傑作。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年1月11日
キャスト 監督・脚本ミカ・カウリスマキ
出演ヴェサ・マッティ・ロイリ サムリ・エデルマン マリ・メランコスキ ピーター・フランゼン レア・マウラネン イリーナ・ビョルクルンド
配給 アルシネテラン
制作国 フィンランド(2012)
上映時間 113分

(C)Yellow Affair

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「旅人は夢を奏でる」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:14:25

広告を非表示にするには