「また、必ず会おう」と誰もが言った。 作品情報

またかならずあおうとだれもがいった

揺れ動く青春の空気がここにある。

「また、必ず会おう」と誰もが言った。のイメージ画像1
「また、必ず会おう」と誰もが言った。のイメージ画像2

うわべだけの友達関係、何でも言うことをきいてくれる母、自分に無関心な父。主人公の少年は、膿みかけの傷を抱え、誰かに相談も出来ないまま、日常的に嘘をつく。痛みを乗り越えていく人もいれば、そういう「痛み」を我慢したまま、治らない傷を抱えた大人になっていく人もいるだろう。 ウソつき「17歳」の少年は、旅先で様々な傷を抱えた大人たちに出会い、自分の傷を癒す方法を学んでいく。そして周囲の大人たちも少年の姿に、自らの傷に向き合うささやかな勇気を与えられる…。

「「また、必ず会おう」と誰もが言った。」の解説

原作は塾講師としても有名な人気作家・喜多川泰の同名小説。現代の中・高校生とその親世代を知る著者の、「今」的な視点が共感を呼び、12万部を超えるベストセラーとなった。監督に「武士道シックスティーン」など青春映画に定評のある古厩智之。映画らしいユーモアを加えたストレートな演出は、観るものを「17歳」の内面へと引き寄せる。主演には、第24回JUNONスーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、ドラマや舞台等で今、注目度No.1の若手俳優、佐野岳。少年を時に厳しく、温かく見守る大人たちには、杉田かおる、塚本晋也、嶋田久作、古村比呂、国広富之、イッセー尾形ら、そうそうたる顔ぶれが揃う。(作品資料より)

「また、必ず会おう」と誰もが言った。のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年9月28日
キャスト 監督古厩智之
原作喜多川泰
出演佐野岳 杉田かおる 嶋田久作 塚本晋也 徳井優
配給 BS-TBS
制作国 日本(2013)

(C)2013「またかな」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「「また、必ず会おう」と誰もが言った。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには