メサイア-漆黒ノ章- 作品情報

めさいあしっこくのしょう

軍服に身を包み美しく闘い舞う!!

メサイア-漆黒ノ章-のイメージ画像1
メサイア-漆黒ノ章-のイメージ画像2

軍事協定<世界の改心(ワールド・リフォーミング)>。 世界各国は軍隊を人口の0.1%までに軍縮、及び、大量殺戮兵器の開発禁止に調印。しかし、争いは兵器から情報戦争へと形を変えたに過ぎなかった。国家間の熾烈な情報戦が繰り返される中、日本は救世主となるべくスパイを育成した。秘密任務のために特殊機関「チャーチ」で育成されたスパイ、警察省警備庁・特別公安局外事課五係。通称“サクラ”。彼らには「過去」はなく「国籍」もない。生きた証を残すことも許されず、任務に失敗した“サクラ”を救ってはならない。ただひとり、「チャーチでの卒業試験」を組んだ相手=“メサイア”を例外として…。“サクラ候補生”の司馬柊介は、任務中に自身の相棒“メサイア”を失い、任務に失敗してしまう。「チャーチ」学園長の一嶋晴海より、同じく任務でメサイアを失った五条颯真を新しいメサイアとして任命される。互いにメサイアとして認め合えず、すれ違う二人。そんな中、反政府組織「評議会」が国家機密であるハードディスクを奪取した事が判明し…。

「メサイア-漆黒ノ章-」の解説

2010年7月、ドラマCDからスタートした“メサイア・プロジェクト”の一環として、高殿円の「メサイア 警備局特別公安五係」を原案にしたアクション。本作は、2013年4月に上演された舞台「メサイア-銅ノ章-」との連動作品。物語の中心人物となる“サクラ候補生”司馬柊介を演じるのは、人気急上昇中の浜尾京介、柊介の“メサイア”である五条颯真には、ミュージカル「テニスの王子様」ほか様々な舞台で活躍する太田基裕。監督は、独特の感性で世界の映画祭から高い評価を得ている山口ヒロキ。(作品資料より)

メサイア-漆黒ノ章-のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年8月31日
キャスト 監督山口ヒロキ
原案高殿円
出演浜尾京介 太田基裕 松田凌 小野健斗 池田純矢 玉城裕規 新田匡章 山田諒 漆崎敬介 ボブ鈴木
配給 トリプルアップ
制作国 日本(2013)

(C)Messiah Project・(C)2013メサイア舞台&映画製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「あみ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-10-12

かっこいい

最終更新日:2019-11-19 17:45:07

広告を非表示にするには