リアル~完全なる首長竜の日~ 作品情報

りあるかんぜんなるしゅちょうりゅうのひ

自殺未遂で昏睡状態の恋人の意識の中へ…

リアル~完全なる首長竜の日~のイメージ画像1
リアル~完全なる首長竜の日~のイメージ画像2

浩市は幼なじみの漫画家・敦美と同棲していたが、敦美が自殺未遂を起こし、1年間昏睡状態に陥っている。浩市は敦美が目覚めさせるため、センシングという最新医療で敦美の意識の中へ入る事に。そこで敦美は不安に取り憑かれたように、漫画を書き続けていた。敦美に「15年前に書いた首長竜の絵を探して」と頼まれた浩市はその絵を探すが、なかなか見つからない。やがてセンシングの副作用で謎の少年の幻覚が見えるようになり…。

「リアル~完全なる首長竜の日~」の解説

恋人が自分に何も言わないまま自殺未遂し昏睡状態に陥った時、人は恋人がなぜ自殺したのか、真相を知りたいと思うのではないだろうか。本作はそんな思いを抱えて恋人の意識の中に入っていく恋人たちの物語。脳内の“意識”の中にある潜在的な恐怖やトラウマを乗り越えていく恋人たちが、CGなどを駆使した実験的な映像で描かれていく。恋人たちを演じるのは、佐藤健と綾瀬はるか。脳内で展開される複雑で多面的なストーリーに、彼らの演技がリアリティを加えている。監督を務めたのは、人間の本質にある“怖さ”を描く事に定評のある黒沢清。ミステリーである乾緑郎の原作「完全なる首長竜の日」を、見事にラブストーリーに変換してみせている。

リアル~完全なる首長竜の日~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年6月1日
キャスト 監督・脚本黒沢清
原作乾緑郎
出演佐藤健 綾瀬はるか オダギリジョー 染谷将太 堀部圭亮 松重豊 小泉今日子 中谷美紀
配給 東宝
制作国 日本(2013)
上映時間 127分

(C)2013「リアル~完全なる首長竜の日~」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「ビール党」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2013-06-08

自由すぎて笑いました(良い意味で笑)。原作の「姉弟」を「恋人」に変えた点について「結局恋愛映画にしたかったのね」なんて声もある様ですが、「意識にすべりこみたい」という強い想いはこのほうが説得力があり正解だと思います。ただ後半少しくどいかな。さて、ファンの綾瀬に関して、浩市の意識下の淳美は最高!お見事!です。だからまあ、それでいいかなと(笑)。ちなみに観客は自分と佐藤健ファン(?)の女の子二人組だけでした。わかりやすい(笑)。

最終更新日:2019-11-19 14:33:20

広告を非表示にするには