制服の乙女たち 作品情報

せいふくのおとめたち

京中太郎&北田一郎の共同脚本を映画化

三宅京子と峯村知子は平和女子学園の仲良しコンビである。京子は両親を戦災で失ったが、すし屋をやっている叔父の正吉が面倒を見ていて、姉の雪江もこの学校を出た後フランスヘシャンソンを勉強に行っている。知子はこの学園の創始者峯村白鳥女史の孫娘で、母の鶴代は校長、父親は理事長をしている。大財閥の藤原金作老はこの学校の大の後援者なので、その息子秀也が十年ぶりでフランスから帰って来るというので学校は大騒ぎ。御曹司秀也が羽田空港到着の日には全校をあげて歓迎に行くことになったが、そんなことおかしくってと京子は途中で抜け出して叔父正吉のすし屋へ手伝いに行ってしまった。一方秀也も面倒臭いので新聞記者の菅野康介と名前を取り替え、自分は久しぶりに日本の味を満喫しようと、偶然京子の居るすし屋に入って菅野と間違えている京子と親しくなった。数日後のある夜、突然フランスから帰ってきた姉の雪江から電話があったので外出許可を求めたが、ニラミ先生はイヤミを云って許さなかった。

「制服の乙女たち」の解説

「緑はるかに」の京中太郎に北田一郎が共同して脚本を書き、「お笑い捕物帖 八ッあん初手柄」の青柳信雄が監督する。撮影は「泉へのみち」の中井朝一、音楽は「兄さんの愛情」の服部良一が担当する。主なる出演者は「麦笛」の青山京子、「大番頭小番頭(1955)」の雪村いづみ、「雪の炎」の河内桃子、江原達怡、石原忠、「ここに泉あり」の小林桂樹など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督青柳信雄
出演雪村いづみ 青山京子 河内桃子 石原忠 小林桂樹 江原達怡
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「制服の乙女たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:22

広告を非表示にするには