塀の中のジュリアス・シーザー 作品情報

へいのなかのじゅりあすしーざー

タヴィアーニ兄弟が塀の中の虚実皮膜を穿つ

塀の中のジュリアス・シーザーのイメージ画像1
塀の中のジュリアス・シーザーのイメージ画像2

イタリア、ローマ郊外にあるレビッビア刑務所。ここでは囚人たちによる演劇実習が定期的に行われている。様々な演目を囚人たちが所内劇場で演じ、一般の観客に見てもらうのだ。演出家ファビオ・カヴァッリが今年の演目は、シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」と発表。早速、俳優のオーディションが始まり、ブルータスやシーザーが次々と重装備棟の囚人に割り振られていく。本番に向けて所内の様々なところで稽古が始まる…。

「塀の中のジュリアス・シーザー」の解説

監督は『父/パードレ・パドローネ』等で世界に冠たる巨匠監督の地位を確立したパオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ兄弟。刑務所の囚人たちが、シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」を演ずるというこの作品に登場する役者は実際の囚人たち。脚本は存在するものの、セリフを俳優たち各々の方言やスラングに書き換え、彼らの芝居によって脚本を進化させていく方法によって俳優たちの演技に真実味を与え、徐々に現実と虚構の境を越えていく。そして、刑務所自体がローマ帝国へと変貌していく。タヴィアーニ兄弟が満を持して送り出したこの作品は2012年ベルリン国際映画祭で見事金熊賞グランプリ、エキュメニカル審査員賞をダブル受賞した。

塀の中のジュリアス・シーザーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年1月26日
キャスト 監督・脚本パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ
出演コジモ・レーガ サルヴァトーレ・ストリアーノ ジョヴァンニ・アルクーリ アントニオ・フラスカ フアン・ダリオ・ボネッティ ヴィットリオ・パレッラ
配給 スターサンズ
制作国 イタリア(2012)
上映時間 76分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-05-29

イメージ・フォーラムでジョナス・メカス監督の初期のドキュメンタリー映画「営倉」を観ていて想い出された作品が本篇だった!囚人の男どもの繰り広げる虚実混交のミステリアスなスタイルと迷宮感が悪夢或いは不条理劇見たいに感じられてねえ

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには