CMタイム 作品情報

しーえむたいむ

CM撮影現場の混乱を豪華キャストで描く

CMタイムのイメージ画像1
CMタイムのイメージ画像2

飲料メーカーの新製品発売にあたり、CM制作のオーダーを受けた広告代理店。自信満々で提案した企画は、3人のタレントを起用するものだった。性格の悪い演歌の女王。落ち目になった国民的時代劇俳優。躁鬱病のヒップホップスター。しかし、演歌の女王と時代劇俳優は犬猿の仲。ヒップホップスターは、新興宗教の広告塔だった。スポンサーに事情を隠しながら、なんとか円滑に撮影を進行させようとする代理店マンたち。にもかかわらず、トラブルがトラブルを招いて、撮影現場は大混乱となってしまう。

「CMタイム」の解説

広告代理店、スポンサー、タレントたちが入り乱れた、CM撮影現場の大混乱を描くヒューマン・エンターテインメント。演歌の女王に扮するのは黒木瞳。あでやかな和服姿と関西弁で、歌声も披露する。C調な広告代理店の社員を豊原功補。これまでにない軽妙な演技を見せてくれる。自称ブロードウェイ帰りのヒップホップスターを加藤和樹、右往左往させられる広告代理店の社員を本仮屋ユイカが演じる。また、時代劇俳優を中村嘉葎雄が務め、コミカルな演技で新境地を見せる。(作品資料より)

CMタイムのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年11月10日
キャスト 監督久保田誠二
出演黒木瞳 豊原功補 加藤和樹 本仮屋ユイカ モト冬樹 寿大聡 鈴木蘭々 松田賢二 須賀貴匡 渡辺健 中村嘉葎雄
配給 トリプルアップ、ジョリー・ロジャー
制作国 日本(2011)
上映時間 96分

(C)2011 CMタイム製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-26

私は以前、CMの撮影のロケに仕事で何度も行ったことがある。だからこの映画はとても興味があった。これは実に面白いストーリーで楽しませてくれる作品だ。素晴らしい。本仮屋ユイカさんが出演されている。私の大好きな女優さんだ。彼女はチャーミングで凄い美人だ。ほんとにいいオンナだと思う。

最終更新日:2020-07-01 16:00:09

広告を非表示にするには