ナチュラル 作品情報

なちゅらる

プロ野球の選手を志した男の半生を描く

1918年の春。ネブラスカの静かな草原。そこにはキャッチ・ボールをする父と子の姿があった。農民のエドは妻を亡くした後、幼いロイをずっとコーチし続けてきた。彼は生まれついての天才児で、投・打・守備のどれをとっても大リーグ並みのプレーをしていた。そんなロイの姿を幼なじみのアイリスは優しいまなざしでみつめていた。父親の死後、ロイは雷で2つに裂けた樫の木を削って手製のバットを作った。そして稲妻マークを刻み込み、そのバットをワンダーボーと名付けた。それから6年が過ぎ、20歳になったロイは、将来を誓い合ったアイリスに別れを告げ、スカウトマン、サムと共に街を出た。

「ナチュラル」の解説

エグゼクティヴ・プロデューサーはロジャー・タウンとフィリップ・M・ブリーン、製作はマーク・ジョンソン、アソシエイト・プロデューサーはロバート・F・コールズベリー。監督は「ダイナー」のバリー・レヴィンソン、バーナード・マラムードの原作(『奇跡のルーキー』早川書房刊)をロジャー・タウンとフィル・ダッセンベリーが脚本化。撮影はカレブ・デシャネル、音楽はランディ・ニューマン、編集はステュー・リンダー、プロダクション・デザイナーはアンジェロ・グラハムとメル・ボーン、衣裳はバーニー・ポラックが担当。出演はロバート・レッドフォード、ロバート・デュヴァル、グレン・クロース、キム・ベイシンガー、ウィルフォード・ブリムリー、バーバラ・ハーシーなど。日本版字幕は戸田奈津子。ドルビー・ステレオ。テクニカラー、スタンダード。1984年作品。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督バリー・レヴィンソン
出演ロバート・レッドフォード ロバート・デュヴァル グレン・クロース キム・ベイシンガー
制作国 アメリカ(1984)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-21

35歳でデビューした奇跡のルーキーをロバート・レットフォードが熱演した。スポーツにとって過去の事件や怪我や年齢と言った要素がかなりのネックであり、プレッシァー。其処を感動のドラマに持って行く憎い作り何だね。野球場での圧巻の火花や清々しい農場のラストシーンも是非見もの。凄いスポーツものなんだぜ!ホームラン???

最終更新日:2019-02-19 13:04:04

広告を非表示にするには