新兄弟仁義 作品情報

しんきょうだいじんぎ

佐伯清が監督したシリーズ第八作

大正未期。大竜こと新井竜太郎は二年の刑を終えて出所した。その前日、中野一家親分、頼吉は、頼介と代貸の堀と渡部に中野一家の跡目は、竜太郎に継がせることを告げ、頼介は分家して土建業に専念、堀と渡部も分家することに決った。堀、渡部にとって三代目は当然頼介が継ぐものと思っていただけに、このことは意外であった。一方、竜太郎はこの話を快くうけるが、いつかは頼介に四代目をゆずろうと考えていた。

「新兄弟仁義」の解説

藤原審爾の原作「三代目実子分」を大和久守正が脚本化、「新網走番外地 さいはての流れ者」の佐伯清が監督したシリーズ第八作。撮影は組長と代貸」の星島一郎が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯清
出演北島三郎 今井健二 工藤明子 梅地徳彦 葉山良二 有川由紀
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新兄弟仁義」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:34

広告を非表示にするには