ポテチ 作品情報

ぽてち

青年2人の奇妙な運命と人の絆を描く中編

ポテチのイメージ画像1

空き巣稼業をしている青年・今村。ひょんな事で若菜という女性と知り合った彼は、その出会いを機に同棲を始めた。ある日、今村の仕事を見てみたいと若菜が言い出したので、尾崎というプロ野球選手の部屋に二人で忍び込む。だが、今村は何かを盗む気配はまったくなし。そこへ尾崎に助けを求める電話がかかってくる。「若菜と出会った時のシチュエーションに似ている」と感じた今村は、尾崎の代理で電話の主のもとに向かう…。

「ポテチ」の解説

『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など、仙台を舞台とした作品を世に送り出してきた原作:伊坂幸太郎&監督:中村義洋のコンビで贈る本作は、中短編集「フィッシュストーリー」に収められた同名作を映画化した68分の中編だ。震災後すぐに企画が動き出し、仙台でオールロケが敢行された。プロ野球のスター選手と、彼に特別な思いを寄せる平凡な青年─実は同じ年、同じ日に生まれた二人の奇妙な繋がり、彼らを取り巻く人たちの強い絆が、独特の語り口で綴られていく。伊坂&中村作品の常連、“いい人”を演じさせたら一級品の濱田岳が本作でも主人公の心優しい青年を演じ、魅力を振りまいている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年5月12日
キャスト 監督中村義洋
原作伊坂幸太郎
音楽斉藤和義
出演濱田岳 木村文乃 大森南朋 石田えり
配給 ショウゲート
制作国 日本(2011)
上映時間 68分

(C)2007伊坂幸太郎/新潮社(C)2012『ポテチ』製作委員会

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

ポテチ

ポテチジャケット写真
発売日2012年10月26日
価格4,935円(税込)
発売元アミューズソフト
販売元アミューズソフト
型番ASBD-1057


【特典】
メイキング

(C)2007伊坂幸太郎/新潮社(C)2012『ポテチ』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.8点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-05-31

伊坂幸太郎氏原作。ポテチの意味が分かった時フーッとため息が出ました。「コンソメがいいのに塩味食べたらおいしかった」なんか気持ち分かります。濱田岳さんいいですね。斉藤和義さんの歌もいい。68分の時間もいい。

最終更新日:2020-07-29 14:50:09

広告を非表示にするには