東京上空いらっしゃいませ 作品情報

とうきょうじょうくういらっしゃいませ

一度は天国へ行ったものの、気のいい死神をだまして地上へ舞いもどった少女の姿をファンタスティックに描く

キャンペーンの最中にキャンペーンガールのユウは、スポンサーの好色な専務白雪恭一の魔手から逃れようと、自動車からとび出した瞬間、後続の車にはねられ、死んでしまう。街にあふれる看板やポスターや写真や音楽をそのまま残してユウの魂は東京上空へと舞い上っていってしまった。広告代理店の担当雨宮文夫や白雪たちは、事故をひたすら隠してキャンペーンを続けることにし、後始末に奔走する。一方、天国に昇ったユウは、白雪とウリ二つの死神コオロギをしっかりだまして地上に舞い戻った。

「東京上空いらっしゃいませ」の解説

脚本は新人の榎祐平が執筆。監督は「光る女」の相米慎二。撮影は稲垣湧三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督相米慎二
出演中井貴一 牧瀬里穂 笑福亭鶴瓶 毬谷友子 出門英 竹田高利 藤村俊二
制作国 日本(1990)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-04-17

犬童監督selection〈東京へようこそ〉映画特集の第2弾の1作は相米慎二監督の遺作の本編。ロングショットで長回しの舞台の様なロマンス・ファンタジーだった。スピリチュアルな題材にも牧瀬理穂の身体表現ががっぷり四つ手決まっていたね

最終更新日:2019-04-22 16:00:04

広告を非表示にするには