女左膳 濡れ燕片手斬り 作品情報

おんなさぜんぬれつばめかたてぎり

八尋不二の脚本を安田公義が監督した作品

片目片腕の女剣客が、愛刀濡れ燕を一閃、二閃、神明の五郎蔵一家に追われる娘お美津を救った。彼女こそ、女左膳の異名をとるおきんたった。そして、助けられたお美津は、老中の座を狙う寺社奉行の寺門河内守が、高円大僧正の御機嫌取りに献上しようとしていた娘だった。この一件より、おきんは一家に追われる身となった。そんな彼女の前に、もう一人の追手が現われた。おきんの愛刀に異常な執着を持つ南部藩主青山大膳が派した、青年剣士三輪栄三郎だった。

「女左膳 濡れ燕片手斬り」の解説

「怪談雪女郎」の八尋不二がシナリオを執筆し、「東海道お化け道中」の安田公義が監督した。撮影は同作品でコンビを組んだ今井ひろしが担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
出演大楠道代 本郷功次郎 長門勇 小池朝雄 神田隆 沢村宗之助 三木本賀代
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女左膳 濡れ燕片手斬り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:06:05

広告を非表示にするには