最後の切札 作品情報

さいごのきりふだ

冷い打算に生きる男の行動と破滅を描く

東京のとある屋敷街、立野駿介は帰宅した西川に新聞記者だと偽りフラッシュをあびせた。新宿で相棒の吉村とおち会った立野を見れば、記者でないことは一目で知れた。表面は平凡な一店主の立野は、実はあくどい周旋屋、宗教研究会を作って新興宗教から寄附と称してゆすり、たかりまでしている有様だった。競輪場で西川の部下が闇の拳銃を買う現場を目撃した彼は、警察に知らせる一方新聞の方をもみ消す役を買って出た。

「最後の切札」の解説

白崎秀雄の原作を、「弾丸大将」の橋本忍が脚色し、「鑑賞用男性」の野村芳太郎が監督したもの。撮影は「太陽の墓場」の川又昂。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村芳太郎
出演佐田啓二 桑野みゆき 小田切みき 日比野恵子 芳村真理 炎加世子 宮口精二 ジェリー藤尾
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「最後の切札」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-11 00:01:57

広告を非表示にするには