人肌牡丹 作品情報

ひとはだぼたん

「人肌孔雀」の姉妹篇で山本富士子が五変化の妙を見せるという娯楽時代劇

江戸、頬白長屋の娘、深雪は、旅姿の侍に斬られた母、お滝の遺言で、遺品の鈴を抱き母の故郷加賀へと急ぎ旅立った。間もなく、金沢城下に怪しい虚無僧の姿が現れた。--当時、加賀藩では当主・利秀が虚弱なのに乗じ、分家の佐山能登守が国家老・泊兵庫と藩の実権を握ろうと利秀とその妹・幸姫の命を狙っていた。これを覚った利秀の近習・佐久馬伊織と腰元・園絵は江戸家老・板倉隼人の救援を求める書状を作り園絵が密使に立った。が陰謀派の一位田東馬は、これを察知、二人を急襲、園絵だけが虎口を脱した。しかし、その園絵の前に妖艶な女お吉が現れ密書を取ろうと迫った。ところが謎の虚無僧が園絵を救った。東馬の一刀に裂けた天蓋から現れたのは意外、深雪の美しい顔。この間に密書は園絵とお吉の前に落ち横合いから伸びた盗人冠りの男・源三の手に入り、源三は闇に消えた。そのころ泊兵庫の家に小鈴という踊の師匠が出入りしていたが彼女は兵庫と東馬の密談を秘かに聞いていた。

「人肌牡丹」の解説

「濡れ髪剣法」の松村正温の脚本を、「人肌孔雀」の森一生が監督、「血文字船」の相坂操一が撮影した。音楽は「白鷺」の斎藤一郎。「白鷺」の山本富士子、「弁天小僧」の市川雷蔵をはじめ、梅若正二・三田登喜子・近藤美恵子らが出演。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演山本富士子 市川雷蔵 梅若正二 三田登喜子 近藤美恵子
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「人肌牡丹」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:04:15

広告を非表示にするには