噂の女('54) 作品情報

うわさのおんな

成澤昌茂が脚本を書き、溝口健二が監督した作品

京都島原の廓でただ一軒太夫の置屋とお茶屋を兼ねた、井筒屋の女将初子は、夫亡き後女手一つで太夫、仲居、女中達を切廻して商売しているが、東京の音楽学校でピアノの勉強をしていた一人娘雪子が、愛人と婚約するばかりになっていたのに突然自殺を計ったので、東京へかけつけて彼女を家へ連れ戻した。帰宅した初子は廊の若い医師的場に雪子の診察を頼んだが、彼女は頑なにそれを拒むのだった。しかし物分りのよい的場と雪子は親しく語り合った。その夜遅く太夫の一人薄雲が胃ケイレンをおこし、的場が手当てをしたが、その後で彼と二人切りになった雪子は、母の商売に疑問を持って居り、それは自分の恋の破れたのも相手が家の職業を知って破談にしたためだからだと打明けた。

「噂の女('54)」の解説

「山椒大夫」の依田義賢と「花のいのちを」の成澤昌茂が脚本を書き、「山椒大夫」に次ぎ溝口健二が監督、同じく宮川一夫が撮影を担当、音楽は「昨日と明日の間」の黛敏郎が当っている。主演は「女の園」の久我美子、「股旅わらじ 恋慕笠」の大谷友右衛門、「女の暦」の田中絹代、「昨日と明日の間」の進藤英太郎、「殴り込み孫悟空」の峰幸子、阿井三千子等である。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督溝口健二
出演久我美子 大谷友右衛門 田中絹代 進藤英太郎 見明凡太朗 田中春男
制作国 日本(1954)

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「グスタフ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-11-01

名作群の谷間にある作品だが、戦後の不振の時期のものとは一線を画す。まず「西鶴一代女」や「雨月物語」で渾身の熱演を見せた田中絹代が、傲岸な未亡人を軽く流して演じて、中年女性の色気と性(さが)を漂わす名演を見せてくれる。愛人に好意を寄せる娘に抱く嫉妬を内に秘め、母として廓を切回す大人の貫禄が味わい深い存在感を表出している。三角関係を主軸とする脚本は、溝口本来の良さを生かしきれず未消化な物語に終わるが、廓で働く女性たちを突き放しながら熱く見守る溝口監督の演出力は、健在だ。久我美子の演じる娘雪子の性格描写に、もっとはっきりしたものが欲しいところ。その欠点を補って余りあるのが、宮川一夫のキャメラワークだ。溝口監督の演出意図を具現化した奥深い映像を見せて、役者のいる空間を生活感溢れる舞台にしている。田中絹代の独り舞台を演劇的な趣向で映画作品に昇華させた。溝口、田中、宮川を堪能できる映画。

最終更新日:2019-11-06 16:00:07

広告を非表示にするには