デンデラ 作品情報

でんでら

姥捨山に捨てられた、50人の老婆たち。村への復讐に立ち上がった彼女たちを、更なる過酷な試練が襲う

雪に閉ざされた山間の村。そこには70歳を越えた老人は山に捨てられるという慣わしがあった。70歳を迎えた斎藤カユは、山奥に捨てられてしまう。そこでカユは、年上の老婆たちに拾われる。彼女たちは山奥に“デンデラ”という共同体を作って生活していたのだ。カユが来て、デンデラの人数が50人となった事を機に、デンデラの創始者・三ツ屋メイは、かねてよりの計画を実行に移す事を決める。「私たちを捨てた村をぶっ潰してやる!」

「デンデラ」の解説

“姥捨山”の物語を描き、1983年のカンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞した、今村昌平監督の映画『楢山節考』。本作は、その今村昌平の息子である天願大介が監督を務めた、捨てられた老婆たちの“その後”を描いた物語。彼女たちは“共同体の理論”を受け入れて素直に死んでいくのではなく、逞しく生き抜き、あまつさえ自分を捨てた共同体に復讐しようとする。自らの頭で考え“個人の意思”のもとに行動する彼女たちは、今だからこそ描けた、しっかりとした個を持つ現代的な人間と言えるだろう。老婆を演じる浅丘ルリ子、草笛光子らは、雪山という過酷な環境の中で、ボロをまとい、老けメイクで撮影に挑んだ。その女優魂には感服の一言だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年6月25日
キャスト 監督・脚本天願大介
原作佐藤友哉
出演浅丘ルリ子 倍賞美津子 山本陽子 草笛光子 山口果林 白川和子 山口美也子 角替和枝 田根楽子 赤座美代子
配給 東映
制作国 日本(2011)
上映時間 118分
TV放映 2019年10月27日 TOKYO MX キネマ麹町

(C)2011「デンデラ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.5点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「月5」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2011-07-13

長老は100歳 やはり女子は強しやねぇ。山本陽子さん狩りに同行するシーンまで判らなかった。 何気に力強い映画でした。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには