ブルーバレンタイン 作品情報

ぶるーばれんたいん

愛が変化していく現実と、愛が生まれる瞬間が交錯する瑞々しいラブ・ストーリー

ディーンとシンディ夫婦は、ひとり娘のフランキーと3人暮らし。病院で忙しく働くシンディは、猛勉強の末、看護師の資格を取った努力家。一方のディーンは、朝からビールを飲みながらペンキ塗りの仕事をしている。2人はお互いに対して不満を持っているが、その話になると必ず喧嘩になってしまう。そんなある日、可愛がっていた愛犬が事故死する。その事を娘に気付かれないようにと、シンディの父親の家に1日預ける事にする。

「ブルーバレンタイン」の解説

病院で看護師として忙しく働く妻と、朝からビール片手にペンキ塗りをして一応の収入を得ている夫――そんな若い夫婦の間で、2人の感情が変化していくどうしようもない現実と、だからこそ輝かしい、愛が生まれる瞬間を丁寧に紡ぐ。過去と現在を交差させながら愛の移ろいを描き、ラストは観る者の感情を強く揺さぶる事だろう。11年もかけて改訂し続けたという緻密な脚本を手がけたのは、本作のメガホンをとった新鋭デレク・シアンフランス監督。それぞれオスカー・ノミネートの実績のあるライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが出演を熱望したという、珠玉のラブストーリーだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月23日
キャスト 監督デレク・シアンフランス
出演ライアン・ゴズリング ミシェル・ウィリアムズ フェイス・ウラディカ マイク・ヴォーゲル
配給 クロックワークス
制作国 アメリカ(2010)
年齢制限 R-15
上映時間 112分

(C)2010 HAMILTON FILM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.86点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-02-15

そして愛の〈生成〉と〈崩壊〉とをカットバックで繋ぐ本編と時系列で負う同じライアン・ゴズリング主演のミュージカル映画「LaLaLand」。共にヒロインの持つ心の闇或いは蔭の部分は殆んど画かれてい無かった様にも見える。後者の彼は映画「ピアニストを撃て!」のシャルル・アズナブール等のイメージに近いかも

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには