グレイテスト・ショーマン 作品情報

ぐれいてすとしょーまん

19世紀半ばのアメリカ、P.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は幼なじみの妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)を幸せにしようと挑戦と失敗を繰り返してきたが、オンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、バーナムの型破りなショーには根強い反対派も多く、裕福になっても社会に認めてもらえない状況に頭を悩ませていた。そんななか、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得る。バーナムはレティ(キアラ・セトル)たちパフォーマーを連れて女王に謁見し、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)と出会う。彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になると考えたバーナムは、ジェニーのアメリカ・ツアーに全精力を注ぎ込むため、団長の座をフィリップに譲る。フィリップは一座の花形アン(ゼンデイヤ)との障害の多い恋に悩みながらも、ショーを成功させようと奮闘する。しかし、彼らの行く手には、これまで築き上げてきたものをすべて失うかもしれない波乱が待ち受けていた……。

「グレイテスト・ショーマン」の解説

「ラ・ラ・ランド」の音楽チームが楽曲を手掛けたミュージカル映画。19世紀半ばのアメリカ。興行師バーナムは型破りなショーを成功させるが、社会には認めてもらえない。そんななか、英国女王に謁見する機会を得たバーナムは、オペラ歌手ジェニーと出会う。出演は、「レ・ミゼラブル」のヒュー・ジャックマン、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズ、「ダーティ・グランパ」のザック・エフロン、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「スパイダーマン:ホームカミング」のゼンデイヤ。脚本は、「美女と野獣」の監督を務めたビル・コンドン。監督は、VFX出身のマイケル・グレイシー。

「ラ・ラ・ランド」の音楽チームが楽曲を手掛けたミュージカル映画。19世紀半ばのアメリカ。興行師バーナムは型破りなショーを成功させるが、社会には認めてもらえない。そんななか、英国女王に謁見する機会を得たバーナムは、オペラ歌手ジェニーと出会う。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年2月16日
キャスト 監督マイケル・グレイシー
出演ヒュー・ジャックマン ミシェル・ウィリアムズ ザック・エフロン ゼンデイヤ レベッカ・ファーガソン キアラ・セトル ヤヒヤ・アブドゥル=マティーンII
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 105分
公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

動画配信で映画を観よう! [PR]

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:4.71点★★★★☆、31件の投稿があります。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-14

これを知った時、1932年の映画「フリークス」を思いました。本物のフリークスが多数出演していて、内容もサーカスでの暗い話です。ちょっと心配したけどミュージカル仕立てで明るく前向きで家族で観ても全然楽しめる作品でした。ダンスも歌も素晴らしい。

最終更新日:2024-06-14 02:00:03

広告を非表示にするには