ブラック・スワン 作品情報

ぶらっくすわん

ナタリー・ポートマン、念願のオスカー獲得! 極限の高みを目指す表現者の苦悩を描いたサイコスリラー

ブラック・スワンのイメージ画像1
ブラック・スワンのイメージ画像2

ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、悪の分身である“黒鳥”に変身することは大きな課題だ。初めての大役を担う重圧、なかなか黒鳥役をつかめない焦燥感から、精神的に追い詰められていくニナ。さらにニナとは正反対で、“黒鳥”役にぴったりの官能的なバレリーナ・リリーが代役に立ったことで、役を奪われる恐怖にも襲われる。ニナの精神バランスがますます崩壊する中、初日は刻々と近づいてくる…。

「ブラック・スワン」の解説

ナタリー・ポートマンが第83回アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝いた話題作。監督は、『レスラー』でミッキー・ロークを見事に復活させた鬼才ダーレン・アロノフスキー。本作では独創的な映像演出で、極限の高みに上り詰めようとするアーティストの孤独と苦悩を描き出している。子供時代にバレエを習っていたナタリーは、10ヶ月の猛特訓の末、本格的な舞踏シーンに挑戦。しかしそれ以上に、激しい内面の葛藤に耐えながら、孤独な闘いを続けるバレリーナになりきった、鬼気迫る演技は必見だ。またライバルのリリー役を演じたミラ・クニス、娘に異常な愛情を注ぐ母親役のバーバラ・ハーシー、ニナに主役の座を追われ、精神が崩壊していく元プリマ役のウィノナ・ライダーと、共演陣のチカラのこもった演技も見事。ヘタなホラー映画よりもよほど背筋にゾクっとくる、衝撃のサイコスリラーだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年5月11日
キャスト 監督ダーレン・アロノフスキー
出演ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2010)
年齢制限 R-15
TV放映 2019年2月10日 TOKYO MX 夜キネマ

(C)2010 Twentieth Century Fox

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.38点★★★★☆、40件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-25

本編のナタリー・ポートマン嬢等のバレエ・コスチュームも一際、素敵だ!衣装担当のエイミー・ウエスコットや竹島由美子が関わったとも?

最終更新日:2020-01-22 13:22:58

広告を非表示にするには