都会の空の用心棒 作品情報

とかいのようじんぼう

「摩天楼の男」の野村孝が監督した、小林旭のアクションもの

速水八郎は西武ヘリポートの操縦士だ。中央アルプス竜神岳の遭難者を救助せよという指令を受けた。八郎は遭難者の叔父と名のる男を連れて飛び立った。通信室では、恋人のゆかりが見送っていた。現場に到着した八郎は、遭難者とその叔父を甲府の病院まで運んだ。翌日出勤すると、整備員にリッターの中から出てきたと、ネガフィルムを渡された。遭難者は死亡、一緒にいた男は東京へ帰ったという病院の報告だった。--浅沼興業の社長室では、社長の浅沼や、叔父と称して八郎のヘリコプターに同乗した男たちが、八郎の持っているフィルムを取戻す相談をしていた。

「都会の空の用心棒」の解説

若井基成の原作を、池田一朗と小川英が共同で脚色、「摩天楼の男」の野村孝が監督した、小林旭のアクションもの。撮影は「十六歳」の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村孝
出演小林旭 浅丘ルリ子 杉山俊夫
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「都会の空の用心棒」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:01:29

広告を非表示にするには