マチェーテ 作品情報

まちぇーて

『グラインドハウス』の偽の予告編、まさかの映画化!

どこの街角にもいるごく普通の日雇い労働者風の男。だが、よく見るとその形相は見るからに恐ろしく、凶悪殺人犯と言われても誰も疑わない面構えだ。だが、彼こそが伝説的な辣腕下連邦捜査官マチェーテだった。メキシコの麻薬王トーレスに恐喝され、不法移民嫌いの米政治家の暗殺を依頼されるが、それは政治家とトーレスの仕組んだ罠で、マチェーテは暗殺犯として追われる身となってしまう。無実を証明し、彼らの陰謀を暴くべく、マチェーテは復讐の鬼となって立ち上がる。そんな彼の前に立ちはだかるのは、次から次へと殺し屋を雇う非情なビジネスマンのブース、国境自警団を率いるひねくれ者のヴォン、そして法の執行と正義との間で葛藤する美しい移民局職員サータナだ。一方、反逆精神と革命的な心を持ったセクシーなトラック運転手ルースと、祈ること以上に銃の扱いに長けている牧師のパードレが、マチェーテに加勢する。銃弾、流血、傷心の嵐を巻き起こしながら、マチェーテは最終的に、復讐と贖罪の壮大な戦いが待つトーレスの街へと戻ってゆく……。

「マチェーテ」の解説

クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが競作したB級映画へのトリビュート作品『グラインドハウス』の中に登場したことにより世界中で噂となった予告編。あくまで、映画の中の演出の一部として見られていたパイロット版的な映像が、奇跡の映画化。近年稀に見るアウトロー”マチェーテ”を演じるのは、ロドリゲス監督が映画史上最高に凄い顔の持ち主と大絶賛する、ダニー・トレホ。そして、この映画愛から生まれた超B級映画に、ハリウッドでも名高い数々の一流俳優がその想いに賛同して出演。移民を嫌う人種差別の米政治家、マクラフリン上院議員をロバート・デニーロ。移民関税執行局職員サルタナをジェシカ・アルバ。表向きはタコス売りの女戦士ルースをミシェル・ロドリゲス。尼僧姿のマフィア娘のエイプリルをリンジー・ローハン。そして、上院議員下でうごめく麻薬王トーレスをスティーヴン・セガール。そうそうたる顔ぶれが、超ド級のコミックを超えたラテンバイオレンス映画で、大真面目に演じているのも大注目だ!!(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年11月6日
キャスト 監督ロバート・ロドリゲス イーサン・マニキス
製作クエンティン・タランティーノ
出演ダニー・トレホ ロバート・デ・ニーロ リンジー・ローハン ジェシカ・アルバ スティーヴン・セガール
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2010)
年齢制限 R-18
上映時間 105分

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マチェーテ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-03 13:53:00

広告を非表示にするには