パートナーズ 作品情報

ぱーとなーず

盲導犬チエが教えてくれた大切なコト

19歳の剛は知人の死をきっかけに、盲導犬訓練士学校に入学し、准訓練士となる。初めて担当する盲導犬はラブラドール・レトリバーのチエ。パピーウォーカーの長谷川家での生活を終え、訓練センターに戻って来たのだった。しかし、チエは長谷川家の長女で10歳の美羽のことが忘れられない。美羽に相談に行くと、「それは、私がチエを好きなったから」。その言葉で、剛は、犬に愛情を感じていない自分に気がつくのだった。

「パートナーズ」の解説

盲導犬の活動の記録はこれまでも映画化されてきたが、本作は、訓練士とボランティア一家、そして盲導犬を必要とする人の<パートナーシップ>に焦点を当てている。パピーウォーカーとは、盲導犬となる犬を成犬になるまで預かり育てるボランティア家庭のこと。剛はパピーウォーカーの美羽から、犬と向き合うこと、人との心の繋がりを学ぶのだった。盲導犬の活躍は、犬と訓練士、そして迎える家族の心がひとつになって、初めて大きな力となる。愛情=パートナーシップさえあれば、奇跡が起こせると、本作はメッセージを送っている。主演は、『手のひらの幸せ』の浅利陽介。監督は、テレビ業界で活躍し、本作が長編デビューとなる下村優。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年11月6日
キャスト 監督下村優
出演浅利陽介 大塚ちひろ 村田雄浩 川上麻衣子 近藤里沙 根岸季衣 熊谷真実 夏八木勲
配給 東京テアトル
制作国 日本(2010)
上映時間 119分

(C)劇団東俳つくしんぼくらぶ/劇団東俳

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「トイ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-11-11

心がホカホカと暖かい余韻の中で映画館を出ました。最近道や電車で盲導犬を見掛けるようになり、こんな風に育てられているのだと初めて知れたのも良かったです。

最終更新日:2020-10-15 11:09:00

広告を非表示にするには