テレシネマ7「結婚式の後で」 作品情報

てれしねませぶんけっこんしきのあとで

「ごくせん」の脚本家・横田理恵と、韓国のトップスターが贈る愛の物語

大学時代にバンド仲間として一緒に過ごしたジホンとユリの結婚式の日。郊外の教会には彼らのバンド仲間だった大学時代の旧友たちが次々と集まってきた。そんな日に、新郎のジホンは突然前妻から幼い息子ジェウォンを預けられてしまう。式が終わり、ジホンとユリの経営するペンションに集まったかつての仲間たち。だが、バンドメンバーの一人ジョンヒだけが姿を現さなかった。その夜、彼らの元にミレと名乗る15歳の少女がやって来る。彼女はジョンヒがシングルマザーとして生み育てた娘だった。ミレからジョンヒが交通事故で亡くなったことを聞き、一同は愕然とする。だが、ミレが皆のもとを訪れた理由は、実は父親を探すためであった。

「テレシネマ7「結婚式の後で」」の解説

日本の人気脚本家がオリジナル作品を書き、韓国の人気俳優・監督で製作する日韓共同ドラマプロジェクト「テレシネマ」。脚本を「ごくせん」の横田理恵、監督を「私の名前はキム・サムスン」のキム・ヨンチョルが務める。主演は「12月の熱帯夜」のシン・ソンウと「オールドミス・ダイヤリー」のイェ・ジウォン。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月29日
キャスト 監督キム・ヨンチョル
脚本横田理恵
出演シン・ソンウ イェ・ジウォン ペ・スビン コ・アソン
配給 東宝映像事業部
制作国 韓国(2009)
上映時間 101分

(C)SAMHWA NETWORKS

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「テレシネマ7「結婚式の後で」」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:59:55

広告を非表示にするには