パーマネント野ばら 作品情報

ぱーまねんとのばら

男なんていらないけれど、いくつになっても恋は必要…。身もフタもない現実を、たくましく生きる女たち

なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ子が「パーマネント野ばら」という美容室を営んでおり、毎日近所の女性たちが詰めかけては男の思い出や恋の話に花を咲かせていた。何度も再婚を繰り返したまさ子は最後の夫・カズオとは別居中。カズオは別の女性と同居しており、なおこに取り成しを頼んできた。そんななおこは、高校教師のカシマと、誰にも秘密でひっそりとした交際を続けていた…。

「パーマネント野ばら」の解説

美容室「パーマネント野ばら」では、パンチパーマの強烈な(御年50歳は越えているはずの)女性たちが下ネタトークを連発。お目当ての男性をラブホテルにはたきこむ、いくつになっても恋とセックスを忘れない元気な姿は、女性が根源的に持つ生命力を強く感じさせる。彼女たちに比べると、なおこ(菅野美穂)やなおこの友人・ともちゃん(池脇千鶴)はまだまだ青いと言えるのかもしれない。もう一人のなおこの友人・みっちゃんを演じる小池栄子は、夫と浮気相手を車でひこうとするイタい女を熱演。女性から見るとイタかわいい感じだが、男性から見ると恐ろしいかも…。原作は西原理恵子、監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年5月22日
キャスト 監督吉田大八
原作西原理恵子
脚本奥寺佐渡子
主題歌さかいゆう
出演菅野美穂 小池栄子 池脇千鶴 宇崎竜童 夏木マリ 江口洋介 畠山紬
配給 ショウゲート
制作国 日本(2010)
上映時間 100分

(C)2010映画「パーマネント野ばら」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.8点★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「ノン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-09-25

まずは 俳優さんたちが それぞれ素晴らしかったです。特に 小池栄子がキュートで 彼女の魅力を存分に発揮していたと思います。私は もう一度 映画館で見たいくらい好きな作品です。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには