食堂かたつむり 作品情報

しょくどうかたつむり

料理は人を幸せにする。

おっぱい山の麓の小さな町で生まれた倫子は、自由奔放な母親に馴染めず、都会で一人暮らしをしていた。しかし、恋人に家財全てを盗まれ、仕方なく実家に戻る。母が飼っているブタ、エルメスに天然酵母パンを作っているうちに、自分で食堂を開くことを思いつく。倫子の食堂“かたつむり”は大評判になり、“かたつむり”で食事をすると幸せになるという噂が流れる。

「食堂かたつむり」の解説

料理好きの人たちの間で秘かなブームを呼んでいた小川糸の小説「食堂かたつむり」が映画化。失恋が原因で声が出なくなってしまった倫子が料理で人々の心を癒していく姿を温かく描いている。倫子の料理は、数十年間、喪服を脱がなかった未亡人さえも幸せにする特別な力があった。しかし、本当の幸せは、意外なものが運んでくれた料理だった。きれいに盛り付けられた完成品だけでなく、作る行程までも美しく切り取った映像は、普段、料理をしない人までも厨房に立たせることになりそう。イラストが得意な倫子のカラフルなレシピ帳にも注目。主演は、柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、三浦友和、他。監督は、CM、PVで活躍していた富永まい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年2月6日
キャスト 監督富永まい
原作小川糸
料理制作オカズデザイン
出演柴咲コウ 余貴美子 ブラザートム 田中哲司 志田未来 満島ひかり 江波杏子 三浦友和
配給 東宝
制作国 日本(2010)
上映時間 119分

(C)2010「食堂かたつむり」フィルムパートナーズ

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、11件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-07-10

食堂かたつむりを観た。とても感動した。この映画は面白すぎて、ホットな気持ちにさせてくれる。素晴らしい作品だ。柴咲コウさんはとびっきりの美人だ。大好きだ。食堂かたつむりに入ってみたいものだ。

最終更新日:2020-07-15 16:00:08

広告を非表示にするには