しあわせカモン 作品情報

しあわせかもん

破天荒な母と愛しながら反発する息子の物語

しあわせカモンのイメージ画像1
しあわせカモンのイメージ画像2

1970年代の岩手。少女の頃から「しあわせになりたい」と願い続けて来た扶美江は、あるきっかけで夜の世界で働き始め、やがてヤクザの男と結婚し、哲也が生まれた。荒んだ暮らしを送るうち扶美江は覚せい剤中毒になり、入退院を繰り返す…。父親も刑務所へ…。中学になり養護施設を出た哲也は、今は他の男と暮らす扶美江の元にやってくるが、その姿に落胆し非行に走る。そんな哲也の救いは音楽だった。哲也はミュージシャンになる夢を叶えようと、東京へ出る決心をする。

「しあわせカモン」の解説

“お蔵入り”してしまった日本映画に、光を当てるべく始まった「お蔵出し映画祭」。その「お蔵出し映画祭2011」に出品され、グランプリに輝いた本作。そういった経緯からも察するように、作品的に欠点がない訳ではない。しかし、それを補う魅力がある事も確か。映画は、自由奔放だが、実は常に愛されていないと生きていけないような母・扶美江とその息子・哲也の関係を描く。哲也役は歳に応じて3人の俳優が演じているが、扶美江役の鈴木砂羽は全編出ずっぱり。その体当たりの熱演を見るだけでも、観る価値はある。さらに本作は、実在のミュージシャン松本哲也の実話が基になっているので、興味を持った方はそちらもチェックしてみては。

しあわせカモンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年1月26日
キャスト 監督・脚本中村大哉
出演鈴木砂羽 石垣佑磨 大和田伸也 今井雅之 沢田亜矢子
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2012)
上映時間 117分

(C)2012 TCエンタテインメント

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「しあわせカモン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-13 14:52:17

広告を非表示にするには