グッド・バッド・ウィアード 作品情報

ぐっどばっどうぃあーど

賞金ハンター、ギャングのボス、こそ泥 宝の地図を巡って3人が荒野を駆ける!

混乱が続く1930年代の満州。こそ泥のユン・テグは大陸横断鉄道に強盗を仕掛け、日本軍人から謎の地図をせしめることに成功した。だがその時、列車が別の何者かに襲撃を受ける。襲撃したのはパク・チャンイの率いるギャングたちで、彼らは偶然テグが手にした日本軍の宝の地図を狙って来たのだ。さらにそこに列車に乗っていた賞金ハンターのパク・ドウォンも参戦。3人は宝の地図を巡って争奪戦を繰り広げ……。

「グッド・バッド・ウィアード」の解説

さまざまな民族や人種が入り乱れる混沌とした満州を舞台に繰り広げられる、痛快なアクション映画。こそ泥のテグとギャングのボスのチャンイ、そして賞金稼ぎのドウォンが、日本軍の残した宝の場所を示すと言われる地図を巡って、壮絶な争奪戦を繰り広げる。作品のテイストは西部劇そのもの。雑多な満州の街での銃撃戦や馬を駆りながらのガンアクションなど、見どころは満載だ。しかもCGを使わないリアルアクションだけに迫力も満点。メインキャラクター3人を演じるのはソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソンと、韓国を代表するトップ俳優たちが顔を揃えた。中でも本格的な悪役に挑戦したイ・ビョンホンの冷徹な演技は注目だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月29日
キャスト 監督キム・ジウン
出演ソン・ガンホ イ・ビョンホン チョン・ウソン リュ・スンス リュ・チャンスク イ・チョンア キム・グァンイル
配給 CJ ENTERTAINMENT、ショウゲート
制作国 韓国(2008)
年齢制限 PG-12
上映時間 129分

(c)2008 CJ ENTERTAINENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、8件の投稿があります。

P.N.「人斬り天風」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-10-25

新宿バルト9にて鑑賞。いや~よかった!映画館が(笑)。きれいだし、前説的なものがあるとは…。ああ作品、作品…。もう遅ればせの感があるが、とてもおもしろかったので敢えて…。一言でいうと非常に緻密な構想に、ひとかたならぬ情熱が注入されてできた作品。役者たちの表情もよかった。久々に余韻が何日も残るものをみた。余談ながら、もう日本人には、ここまでのものはつくれないんじゃないかなぁ?

最終更新日:2019-09-28 00:01:01

広告を非表示にするには