天使のいた屋上 作品情報

てんしのいたおくじょう

子供から大人へと成長する少年少女たちの精彩な心の描写を表現した青春映画

サッカーの名門校で起こった悲劇がきっかけで、サッカー部は休部に。隼人は、親友の冴尻とこの事件をきっかけに大きな溝ができ、共に退部した。夢を失い、将来への焦燥感と日常の閉塞感の中、隼人の居場所は学校の屋上へ。そんなある日、その屋上でカメラを手にした不思議な少女・瑞生に出会う。何故か隼人の写真を撮り始める瑞生。二人の繋がりは携帯を通して次第に明かされていく過去の悲劇とそれぞれの想い。そして隼人と瑞生は、互いに淡い恋心を抱いていく。

「天使のいた屋上」の解説

130万人の女子中高生会員数を誇る「フォレストページ」内の携帯小説サイトで映画化を前提とした作品を公募し、投票する企画「ユアシネマ」の第一回大賞作品。主演は『トウキョウソナタ』など数々の話題作に出演し注目を集める小柳友。ヒロインには、セブンティーンの専属モデルをつとめる波瑠。監督は、クラムボンのドキュメンタリー『たゆ たう』で高い評価を得た高木聡。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年11月8日
キャスト 監督高木聡
原作白鳥加寿彦
出演小柳友 波瑠 中山麻聖 中林大樹 鈴木一真 水木薫
配給 アステア
制作国 日本(2008)
上映時間 108分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天使のいた屋上」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:56:03

広告を非表示にするには