その木戸を通って 作品情報

そのきどをとおって

巨匠・市川崑が遺した、幻の名作

城勤めの無為な日々をおくる主人公・平松正四郎のもとにある日やってきた、記憶喪失の娘・ふさ。彼女の純粋な魂は、やがて、正四郎の人柄と人生を徐々に変えてゆく…。

「その木戸を通って」の解説

2008年2月に92歳で他界した巨匠、市川崑監督。70数本におよぶその作品歴の中で、生涯ただ一本、未公開となっていたのが本作『その木戸を通って』だ。わが国初の本格的長編ハイビジョンドラマとして1993年8月に完成しながら、その後BSで一度だけ流れた以外、人の目にほとんど触れることなく眠っていた本作品は、まさに“幻の逸品”。リリカルな正統派ドラマとしての気品と、市川監督ならではの映像美をあわせ持った、まさに宝石のような珠玉作である。淡々とした夫婦の年代記の中に、日常生活のかけがえのなさ、人間同士の思いやりとやさしさ、人の真心が人の頑なさを穏やかにほぐしてゆくさまを描き、静かな感動を呼ぶ。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年11月8日
キャスト 監督市川崑
出演浅野ゆう子 中井貴一 フランキー堺 井川比佐志 岸田今日子 石坂浩二 神山繁 榎木孝明
配給 ゴー・シネマ
制作国 日本(1993)
上映時間 92分

(C)2008フジテレビ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「その木戸を通って」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:56:02

広告を非表示にするには