1408号室 作品情報

いちよんぜろはちごうしつ

宿泊客56人が全員死亡した部屋に泊まったオカルト作家が見たものは…。

娘を亡くして心に痛手を負っているオカルト作家マイク・エンズリンの元に、一通の葉書が届く。それは「ニューヨークのドルフィンホテルの1408号室に入ってはいけない」とだけ書かれたものだった。調査を始めたマイクは、この部屋の宿泊客が次々と自殺を遂げたことを知る。ホテルの支配人の警告を無視し、部屋の宿泊を決めたマイク。しかし、恐るべき超常現象が彼を襲い始める…。

「1408号室」の解説

本作は全米公開されると、『グリーンマイル』を抜いてS・キング原作映画史上最大のヒットを記録した。キングには「キャリー」「シャイニング」といったホラーと、「スタンド・バイ・ミー」や「ショーシャンクの空に」のような非ホラー作品があるが、「呪われた部屋」が舞台という本作は、ホラーでもまさに直球勝負の作品。「幽霊を信じないオカルト作家」という、キング自身を皮肉ったような主人公が、呪われた部屋で恐怖のひと時を過ごす。監督は『Evil』でアカデミー外国語映画賞にノミネートされたスウェーデン出身のミカエル・ハフストローム。派手な残酷シーンはないので、「残酷シーンは苦手」という方も安心して怖がる事ができるだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年11月22日
キャスト 監督ミカエル・ハフストローム
原作スティーヴン・キング
出演ジョン・キューザック サミュエル・L・ジャクソン メアリー・マコーマック トニー・シャルーブ ジャスミン・ジェシカ・アンソニー
配給 ムービーアイ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2007)

(C)2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「みかリン」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-07-13

ん~スティーブンキングにしては後味の悪さが足りない…部屋の怖さも伝わり辛い日本のホラーを知ってると、かなり物足りない感じだよねぇ無限ループの怖さも伝わり辛いし…なんであの部屋がそうなったかは全くわからないし(-.-;)子供を亡くした夫婦の辛さもイマイチ伝わらない…監督の力不足か?

最終更新日:2017-01-27 15:44:28

広告を非表示にするには