明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史 作品情報

めいじたいしょうしょうわりょうきおんなはんざいし

「やくざ刑罰史 私刑」の石井輝男、掛札昌裕に野波静雄が加わって脚本を執筆、石井輝男が監督した風俗もの

監察医務院の執刀医村瀬は、女性の変死体を前にするたびに、なぜこのような犯罪が起るのか……と思った。◇東洋閣事件。昭和三十五年、とある温泉街で連続殺人事件が起きて…。◇象徴切り事件。煙草屋の女将とらが、亭主もそっちのけで可愛がっていた若者に邪剣にされて事件がおきた…。◇小平義雄強姦殺人事件。昭和二十年。敗戦の混乱を背景に七人の女を強姦殺害する事件が起きた。◇高橋お伝。明治の代表的毒婦お伝による色仕掛け殺人事件もまた異常な愛憎のからんだ事件だった。

「明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史」の解説

「やくざ刑罰史 私刑」の石井輝男、掛札昌裕に野波静雄が加わって脚本を執筆、石井輝男が監督した風俗もの。撮影は「徳川いれずみ師 責め地獄」の、わし尾元也。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井輝男
出演吉田輝雄 中村律子 藤江リカ 石山健二郎 葵三津子 藤木孝 賀川雪絵 若杉英二 牧淳子 加藤嘉
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-02-16

そして石井輝男監督の激しくも荒々しい其のタッチは温泉街を舞台にした東洋閣事件でも阿部定事件でも多いに活かされた…。後者は法廷ドキュラマとして大島渚監督の映画〈愛のコリーダ〉とも又、一味違った作品と為っていてー。

最終更新日:2020-12-03 00:01:04

広告を非表示にするには