ボーダータウン 報道されない殺人者 作品情報

ぼーだーたうんほうどうされないさつじんしゃ

決して見過ごせない真実を焙りだすサスペンス

ボーダータウン 報道されない殺人者のイメージ画像1

シカゴの新聞社で働く記者ローレンはある日、上司から、アメリカ・メキシコ国境の町・フアレスで起きている連続女性殺害事件の取材を命じられる。フアレスに着いた彼女は、かつて仕事を共にしていたディアスが経営する新聞社、エル・ソロ社を訪ねた。当局の圧力から、なかなか真実を報道できないメキシコで、エル・ソロ社は弾圧に負けない内容の新聞を発行し続けていたのだ。

「ボーダータウン 報道されない殺人者」の解説

この15年間で、500件にも及ぶ女性殺害事件がメキシコのとある町で起きているが、実際には5000件に及ぶと推計されている…そんな、闇に葬り去られようとしている真実を表舞台に浮かび上がらせた問題作だ。サンディエゴ出身でメキシコと縁の深い監督、グレゴリー・ナヴァ(『エル・ノルテ/約束の地』でアカデミー賞脚本賞にノミネート)にとっても見過ごす事のできない事実だったのだろう。これまで明朗活発でセクシーな役が多かったジェニファー・ロペスがイメージを一変、作品の内容に共感し出演を快諾するとともに、自らプロデュースに参加したという。それに加えアントニオ・バンデラスの共演が、重いテーマの作品に華を与えている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年10月18日
キャスト 監督・脚本グレゴリー・ナヴァ
出演ジェニファー・ロペス アントニオ・バンデラス マヤ・ザパタ マーティン・シーン
配給 ザナドゥー
制作国 アメリカ(2006)

(C)BORDERTOWN PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ボーダータウン 報道されない殺人者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-12-12 13:21:17

広告を非表示にするには