喜劇 一発勝負 作品情報

きげきいっぱつしょうぶ

「愛の讃歌」の山田洋次と、宮崎晃が共同でシナリオを執筆し、山田洋次が監督したコメディ

関東のある小都市に八代続いた旅館二宮荘があった。この家の長男孝吉は、名前に似ぬ親不孝者で、女を囲い、父の忠と大喧嘩して家をとび出した。その後、水商売の女が二宮家に来て、マリ子という子供を置いていったが、マリ子は孝吉の子供だった。それから十数年、孝吉がひょっこり戻ってきた。ちょうど、母礼子の一周忌の日で、父や妹の信子の驚きをしり目に、孝吉は立派な身なりで得意気だった。その夜、孝吉は父の友だちの石丸医師と酒を汲み交し、「男子一生の仕事をこの町でやる」と宣言したが、丼鉢の酒を一気に飲んで倒れてしまった。翌日、二宮家で孝吉の葬儀が営まれた。ところが、参列者が悲しみにくれた顔で集った時、棺の中から孝吉が……。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山田洋次
出演ハナ肇 倍賞千恵子 加東大介 露原千草 瞳ひかる 北林谷栄 三井弘次 犬塚弘 桜井センリ 谷啓
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 一発勝負」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:24

広告を非表示にするには