真夏の夜の夢(’84) 作品情報

まなつのよのゆめ

イギリス出身で本国はもとより世界各国で活躍する劇団リンゼイ・ケンプ・カンパニーのシェイクスピア原作の舞台『真夏の夜の夢』の映画版

アテネの王シーシアスがアマゾン国を攻めて女王ヒポリタを強奪し、その婚礼を間近に控えた頃。この国の貴族の娘ハーミアにはライサンダーという恋人がいるが、ハーミアにはもう一人ディミートリアスという若者が想いを寄せ、そして彼に恋をしているヘレナという娘がいる。ハーミアとライサンダーは駆落ちをして森へ逃げ、ディミートリアスとヘレナもそれぞれ森へ…。

「真夏の夜の夢(’84)」の解説

製作総指揮はセレスティーノ・コロナードとデイヴィッド・メイヤー、製作はミゲール・エンジェル・ペレス・キャンポス。監督と脚本はセレスティーノ・コロナード、舞台製作及びセット・デザインと衣装はリンゼイ・ケンプとデイヴィッド・ホートン、撮影はピーター・ミドルトン、美術はカルロス・ドレモケア、音楽はカルロス・ミランダが担当。出演はリンゼイ・ケンプ、マヌエラ・ヴァルガス、インクレディブル・オーランドほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督セレスティーノ・コロナード
出演リンゼイ・ケンプ マヌエラ・ヴァルガス インクレディブル・オーランド マイケル・マチュー フランソワ・テストール デイヴィッド・メイヤー ニール・カプラン
制作国 スペイン=イギリス(1984)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「真夏の夜の夢(’84)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:22

広告を非表示にするには