ばけもの模様 作品情報

ばけものもよう

人間の駄目さ、愚かさを追求した快作

一人息子を亡くし、悲しみに暮れる主婦・順子は、夫の気を引きたいがために、嘘をつくようになる。それに嫌気がさした夫の喜一は、職場の部下・弘美と駆け落ちしてしまう。一方の順子は、ちょっと気の弱いメロンパンの移動販売員・世之介に一目惚れされてしまい、パン焼きオーブンを積んだ業務用バンに乗り込んで、二人であてのない旅に出る。だが、向かった先は二組とも同じだった…。

「ばけもの模様」の解説

山下敦弘監督、熊切和嘉監督…と才能ある若手監督を輩出する大阪芸術大学から、また一人、異才が誕生した―。現在25歳の石井裕也監督の長編第4作となる本作は、元宝塚歌劇団のトップスター・大鳥れいを主演に迎えて制作された異色の人間ドラマだ。不倫、駆け落ち、食品偽装…などなど、人に言われるがまま、あるいは、自分が思うがまま愚行を繰り返してしまう人間の哀しい性を鋭く掘り下げる。一癖も二癖もある登場人物に、いつしか人間的な魅力を感じてしまうに違いない。本作はすでにロッテルダム国際映画祭や香港国際映画祭で上映されており、石井監督は、今アジアで最も期待される若手監督の一人と評されている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年6月7日
キャスト 監督・脚本・編集・出演石井裕也
共同脚本登米裕一
出演大鳥れい 桂都んぼ 潮見諭 稲川実代子 牧野エミ じんぐうまさひろ 邦城龍明 井川あゆこ
配給 チャベスシネマ
制作国 日本(2007)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ばけもの模様」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:54:42

広告を非表示にするには