女番長 野良猫ロック 作品情報

おんなばんちょうのらねころっく

疎外された若者たちのエネルギーの爆発を、描いた作品

土曜日の新宿の街は爆発する若者のエネルギーでむんむんしていた。西口の工場現場には二つのグループの若い女達十数名が鋭く対立していた。番長・メイが乗り込むや、他方の番長・トシエの合図でナイフとパンチの凄惨な乱闘がくり広げられたがバギーを運転する勝也をボスにする黒シャツ隊がトシエ達に加勢してきた。それを見守っていた流れ者・アコは素早くオートバイにまたがるや、敵をけちらし、メイ達を助け出した。アジトに逃げ帰ったメイ達は、アコに畏敬の念をいだき始めたが…。

「女番長 野良猫ロック」の解説

脚本は「斬り込み(1970)」の永原秀一、「盛り場仁義」のテクニシャン長谷部安春が監督。撮影は同作品でコンビを組んだ上田宗男が担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督長谷部安春
出演和田アキ子 梶芽衣子 和田浩治
制作国 日本(1970)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女番長 野良猫ロック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには