カフェ代官山 ~Sweet Boys~ 作品情報

かふぇだいかんやますうぃーとぼーいず

個性派のイケメン店員4人が繰り広げる、さわやかでちょっぴり切ない青春物語

亡き父のような「人を幸せにするパティシエ」になりたいガクは、代官山にある一軒のカフェを訪れる。父のライバルだったこの店のマスターの元で、修業したいと思ったのだ。しかし肝心のマスターは、旅に出ていて留守。代わりに店を取り仕切っているのは、ダンスが上手い天才肌のリーダー・ヒビキ、パティシエのサーディン、琴占いで予言するコトッチのイケメン3人組。行くあてのないガクは、仕方なくこの店で働き始めるが…!?

「カフェ代官山 ~Sweet Boys~」の解説

個性的すぎる店員が集うカフェを舞台にした、青春群像劇。素顔はクールで素っ気ないのに、女性客の前では華麗に舞いながらお茶を運ぶなど、アイドルさながらの過剰サービスをするヒビキ。カフェのカウンターの上で琴を爪弾いては、百発百中の“お告げ”を発するコトッチ。そんな彼らだが、実は仕事とお客に対する愛情は人一倍で…!? 04年JUNON SUPER BOY「審査員特別賞」受賞でデビューし、昨年はミュージカル「PIPPIN」で主演を務めた相葉弘樹を筆頭に、舞台「テニスの王子様」で共演したイケメン俳優4人が再集結。監督は『嫌われ松子の一生』『パッチギ! LOVE&PEACE』などの作品で助監督を務め、本作が監督2作目となる武正晴。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年3月15日
キャスト 監督武正晴
脚本金杉弘子
出演相葉弘樹 大河元気 桐山漣 馬場徹 上原由恵 松本じゅん 入口夕布 須磨史衣 日向丈 矢柴俊博 中原和宏
配給 トライネットエンタテインメント、ビデオプランニング
制作国 日本(2008)
上映時間 67分

(C)2008 カフェ代官山Partners

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「YOU」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2011-06-03

最後がわかりにくかったですが、一つ一つの話は青春って感じでとても心がすっとします。4人が好きな人にはぜひオススメです!

最終更新日:2021-04-07 15:34:20

広告を非表示にするには