劇場版 空の境界 ~第二章 殺人考察(前)~ 作品情報

からのきょうかいだいにしょうさくじんこうさつまえぜんぺん

私は、おまえを殺したい。

これは高校生だった頃、16歳の両儀式と黒桐幹也が出会う物語。あえて他者と交わろうとしない式に、どうしようもなく惹かれた幹也は、なにかと関わろうとする。それが恋とも気付かずに。やがて、わずかではあるが同じ空間を共有することになった彼らは、そのとき確かに平穏だった。街では連続猟奇殺人事件が起こっていたけれど。そんなある日、幹也は式の中に存在する、もうひとりの織という人格と出逢う。相反する、けれど同じ思考と嗜好を持つひとりのシキは、幹也という訪問者に徐々に乱されていく。かくして幹也はひとつの予感を胸に抱く。夜ごと、猟奇殺人を繰り返しているのは誰、か。だが、己が見てきたその姿を信じることしかできず、でもだからこそ真実を確かめたくて、彼は密かに決意する…。

「劇場版 空の境界 ~第二章 殺人考察(前)~」の解説

これは、望まぬままに万物の生の綻び―死線を視る力“直死の魔眼”を得た独りの少女・両儀式の物語。物語を綴るのは、ビジュアルゲームとして爆発的な人気を博しTVアニメ化もされた「月姫」「Fate/stay night」の生みの親、TYPE-MOONのストーリーテラー・奈須きのこ。両作品と世界観を共にするこの小説は、1998年秋、パートナーでもあり原画も手掛ける武内崇との同人サークル「竹箒」HP上にてWeb小説「空の境界線」として掲載。同人小説「空の境界」、ドラマCD化を経て、2004年初夏には講談社ノベルスから一般書籍として出版、各書籍ランキング上位を記録している。七章からなる物語の第二章である本作は、両儀の家の跡取りたる条件、知られざるシキたちの関係、血だまりに佇む少女、いつのまにか導かれていた運命、式と幹也の幕開けが描かれる。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年12月29日
キャスト 監督野中卓也
原作奈須きのこ
キャラクター原案武内崇
脚本平松正樹
声の出演坂本真綾 鈴村健一 中田譲治
配給 アニプレックス
制作国 日本(2007)

(C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「劇場版 空の境界 ~第二章 殺人考察(前)~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-20 14:22:34

広告を非表示にするには