代紋 地獄の盃 作品情報

だいもんじごくのさかずき

高橋英樹主演の、代紋シリーズ第二弾。

梧井組の代貸・野中鉄五郎は、親分の全快を祝して花会を開いた。関東各地から親分衆を集めたその花会の別室で、梧井の縄張りを狙う的場、西尾、名草らが計画を練っていた。それから数日、鉄五郎は、無銭飲食で捕まりひどい仕打ちを受けている鉄平と武を救った。その鉄平が梧井組に入りたさ一心から、的場組の代貸・平兼を刺してしまった。鉄五郎は的場の仕返しを心配し、鉄平を彼の姉菊に匿まわせたが……。

「代紋 地獄の盃」の解説

『代紋 男で死にたい』の星川清司が脚本を執筆しコンビを組んだ松尾昭典が監督した代紋シリーズ第二作。撮影も同作品を担当した岩佐一泉。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松尾昭典
出演高橋英樹 菊ひろ子 内田良平 野川由美子 小林旭
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「代紋 地獄の盃」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:52:03

広告を非表示にするには