石の微笑 作品情報

いしのびしょう

ファムファタールに溺れていく青年を描く、官能的なミステリー

母親と2人の妹と暮らすフィリップはナイーブな美青年。あるとき妹の結婚式で花嫁の付添人をつとめたセンタに出会い、心惹かれる。彼女もまたフィリップを運命の人と確信し、2人は情熱的に愛し合うようになる。センタは古びた屋敷の地下に住んでおり、フィリップはミステリアスなセンタの魅力に溺れていく。あるときセンタは愛の証として人を殺すことを提案する。冗談だと取り合わなかったフィリップだったが、やがて恐ろしい事件が…。

「石の微笑」の解説

ヌーヴェルヴァーグの巨匠クロード・シャブロル監督による、官能のサスペンス。原作は、人気ミステリー作家ルース・レンデルの小説で、サスペンスの名手といわれるシャブロル監督が、情熱的な愛がもたらす恐ろしい結末を描く。魅惑的な女性の虜になっていく主人公を演じるのは、フランス映画界の貴公子ブノワ・マジメル。ファムファタール(運命の女)ともいうべき女性を演じているのは、ジョニー・アリディとナタリー・バイを両親に持つ新進女優ローラ・スメット。彼女の美しく無垢な表情がどこか恐ろしい。またフィリップが「フローラ」と名付けられた彫像を愛するなど、フェティッシュな描写も見られ、ヨーロッパ映画らしいテイストになっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2007年6月30日
キャスト 監督クロード・シャブロル
原作ルース・レンデル
出演ブノワ・マジメル ローラ・スメット オーロール・クレマン
配給 CKエンタテインメント【kinetique】
制作国 フランス(2004)
年齢制限 R-15
上映時間 107分

(C)Moune Jamet

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「石の微笑」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:51:46

広告を非表示にするには