次郎物語 作品情報

じろうものがたり

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。

昭和の初め、次郎は母・お民の体が弱かったため、生まれてすぐお浜の家に預けられた。お民も元気になり実家に引きとられたが、お浜になついている次郎は連れ戻されるたびに逃げ帰るのだった。次郎の実家、本田家は、古くから続いた由緒正しい家柄で、士族の格式を守り子供たちの躾も厳しかった。6歳の夏、とうとう実家に連れ戻された次郎は、それまで自然の中で伸び伸びと育てられていたから、本田家の家風に息もつまりそうな思いの日々が始まる。祖母のおことは、乳母のお浜を恋しがる次郎に何かにつけて辛くあたった。体の丈夫でないお民は、おことと次郎の間でおろおろするばかり…。

「次郎物語」の解説

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。原作は下村湖人の同名小説、脚本は『白い野望』の井手雅人、監督は『きみが輝くとき』の森川時久、撮影は『親鸞 白い道』の山崎善弘がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森川時久
出演加藤剛 高橋恵子 伊勢将人
制作国 日本(1987)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「次郎物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:39

広告を非表示にするには