ごろつき 作品情報

ごろつき

『侠客列伝』のマキノ雅弘が監督したアクションもの。

押し寄せる不況の波に勝てず大場勇の勤める北九州の炭鉱は廃鉱になった。母と弟妹四人を抱える勇は、ボクサーで活路をひらこうと友人一郎を誘って故郷を離れた。勇は、早速沢田ボクシング・ジムを訪れ、見事に入団を決めた。ところが花形選手を持たぬジムは、見すぼらしく、会長の沢田は、キック・ボクシングに命を賭けていた。一方一郎は、大金持ちの犬係として雇われ、粗末な小屋で勇との共同生活が始まった。二人は故郷へ仕送りを続けていたが、犬の食事を盗み食いしていることが発覚し、解雇されてしまった。そんな彼を励ますのは、沢田会長の妹友子だった。

「ごろつき」の解説

『裏切りの暗黒街』の石松愛弘がシナリオを執筆し、『侠客列伝』のマキノ雅弘が監督したアクションもの。撮影は『喜劇 競馬必勝法 一発勝負』の飯村雅彦が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督渡辺武 マキノ雅弘
出演高倉健 菅原文太 吉村実子
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ごろつき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:28

広告を非表示にするには