真昼ノ星空 作品情報

まひるのほしぞら

愛したときに、あなたはいない。

リャンソンは台湾人の殺し屋だった。今はひとつの仕事を終え、沖縄に身を潜めている。孤独はとっくになれてるし、生活は穏やかだ。でも本当に心が静まるのは、キラキラ光るプールの水の中だけだった。土曜の夜のコインランドリー。けだるい足取りで、彼女は必ずやって来る。寂しげで美しい彼女の横顔。胸が高鳴る。「あなたが好き。」と彼は由起子に伝えた。これがはじめての恋だと。けれど由起子は、彼を愛することができなかった。サキは、誰も来ない市民プールの受付に座っていた。いつまでもこの退屈な真昼が続いていくように思えた…。三人の孤独は、ゆるやかに交差する。それはどこまでも青く澄んで、何もかもを見透かす光のようで、少しだけ、痛い。

「真昼ノ星空」の解説

沖縄で映画をつくり続けている中川陽介監督の最新作は、やはり沖縄でした。出演は、数々の映画・ドラマに出演し、その優しくも凛とした佇まいで誰もが知る鈴木京香、リリースする曲ほとんどが台湾ではチャート1位になるシンガーであり、俳優としても華流を代表するアジアのトップスター、ワンリー・ホン。『リンダリンダリンダ』の生き生きとした魅力も記憶に新しく、実は映画初出演の本作で瑞々しい演技を見せている、香椎由宇。実力のある3人の俳優たちが繊細に織りなす、寡黙な恋人たちの物語。銀色に輝くプール、細い夜の路地、星空さえも見えそうに、どこまでも澄む青い空…。触れ合ったら彼らの孤独は、その瞬間にどこまでもすれ違ってゆく。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年6月24日
キャスト 監督中川陽介
出演鈴木京香 ワン・リーホン 香椎由宇
配給 ホリプロ、スローラーナー
制作国 日本(2004)
上映時間 92分

(C)2004 株式会社ホリプロ 株式会社USEN

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「真昼ノ星空」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:01

広告を非表示にするには