デス・トランス 作品情報

ですとらんす

『VERSUS』の中心人物2人がタッグを組んだ、非リアルな世界での怒涛のリアルアクション!

戦乱の世。東願寺が過去百年にわたって守り続けてきた「棺」が、1人の男によって奪われた。いわく「棺を“西の禁断の森”で開くと、どんな願いもかなう」という。棺を奪った男の名はグレイヴ。奇妙な少女を連れながら、西の森を目指して旅をしていた。しかし棺強奪の噂は瞬く間に広まり、刺客たちが次々とグレイヴに襲いかかる。一方、大僧正の命を受けた僧侶のリュウエンも、棺を寺に取り戻すべくグレイヴを追うが…。

「デス・トランス」の解説

かつてド肝を抜くアクションの連続で世界的注目を集めた『VERSUS -ヴァーサス-』。そのアクション監督を務めた下村勇二と主演の坂口拓がタッグを組んだ、怒涛の格闘アクションが『デス・トランス/DEATH TRANCE』だ。坂口は主演のみならず、アクション監督も兼任。剣戟、拳撃、銃撃が交錯するアクションは、迫力もスピード感も抜群だ。舞台となる世界の様相も面白い。和をベースに、ゴシック調の衣装やヴィジュアルバンドのようなメイクを取り入れ、現実感の全くない空間を作り上げた。リアルなアクションと非リアルな世界――この対比が、まるでゲームのような不思議な浮遊感を生み出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年5月20日
キャスト 監督下村勇二
出演坂口拓 須賀貴匡 剣太郎セガール 竹内ゆう紀 藤田陽子
配給 メディア・スーツ
制作国 日本=アメリカ(2005)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「デス・トランス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:54

広告を非表示にするには