男の代紋 作品情報

おとこのだいもん

高橋英樹東映出演第一作目。

深川駒井一家若松組の若衆、栄井政治は喧嘩政と呼ばれ喧嘩早いのが玉に傷。ある日駒井一家大滝組の親分、大滝剛平の乗った人力車が路上で遊んでいた子供をはねたことから、政治は身内ながら大滝に喰ってかかる。子供は大滝組、田島秀治の息子建坊であった。田島は博奕のために大金を大滝から借金し、そのカタに女房おいねを連れていかれるが、見かねた政治は自分の持ち物を質に入れて金を作ってやる。ところが大滝は、おいねを手ごめにしようとし、助けようとした田島を斬り殺す…。

「男の代紋」の解説

一匹竜の刺青を打ち、喧嘩早い性格が波乱に富んだ修行の旅へと追いやるが、やがて男を磨いてゆく。脚本は『傷だらけの人生 古い奴でござんす』の村尾昭。監督は『ゾロ目の三兄弟』の山下耕作。撮影は『関東テキヤ一家 浅草の代紋』の鈴本重平。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山下耕作
出演高橋英樹 三ツ矢歌子 大木実
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「男の代紋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:37

広告を非表示にするには