フューネラル 作品情報

ふゅーねらる

マフィア三兄弟の三男の葬式をめぐり、兄弟がたどる“血”の宿命の悲劇を描いたシリアス・ドラマ。

30年代半ば。ニューヨーク近郊の閑静な住宅地。三兄弟が仕切るマフィアのテンピオ一家の三男ジョニーが22歳の若さで何者かに殺され、三日に及ぶ葬式が行われようとしていた。通夜。ファミリーの頭目、長男レイは妻ジーンの制止にも耳を貸さず報復を決意、手下に犯人探しを命じる。自殺した父親の血を受け継いで神経を病む次男のチェズは、怒りと悲しみのあまり車で外へ飛び出していく。チェズの妻クララはそんな彼の凶暴さに脅えて暮らす日々だった…。

「フューネラル」の解説

監督は『アディクション』のニューヨーク・インディーズ派の鬼才アベル・フェラーラ。脚本のニコラス・セント・ジョン、撮影のケン・ケルシュ、音楽のジョー・デリアはデビュー作以来フェラーラを支えてきた常連スタッフ。出演は『アディクション』でフェラーラと組んだクリストファー・ウォーケン、『トゥルー・ロマンス』のクリス・ペン<96年ヴェネチア映画祭助演男優賞受賞>。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督アベル・フェラーラ
出演クリストファー・ウォーケン クリス・ペン ヴィンセント・ガロ
制作国 アメリカ(1996)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「フューネラル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:30

広告を非表示にするには