力道山 作品情報

りきどうざん

日本人がいちばん、力道山を知らない。

1945年。貧困の祖国を離れ、いい暮らしを夢見て相撲取りになるため、単身日本に渡ってきたシルラク。だがそこは先輩力士からの厳しい指導を耐え忍ぶ辛い日々が待っていた。そんなある日、力士のタニマチ菅野の世話で座敷に上がる芸者の綾と出会う。身寄りのないもの同士深い愛情で結ばれていく二人。心の支えを得たシルラクは、力士“力道山”となり関脇にまで登り詰める。順調に綱取りを目指す力道山であったが、そこには目に見えない民族の「壁」が存在していた…。

「力道山」の解説

波乱に満ちた人生を疾風の如く駆け抜けた男と、男を信じ愛しつづけた女の織り成す、壮絶なる人間賛歌。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年3月4日
キャスト 監督ソン・ヘソン
出演ソル・ギョング 中谷美紀 藤竜也
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 韓国=日本(2005)
上映時間 149分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「力道山」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:20

広告を非表示にするには