ナイト・オブ・ザ・スカイ 作品情報

ないとおぶざすかい

衝撃のリアル映像で大空を駆けるフランス版『トップガン』

イギリスの航空ショーに参加していたフランスの主力戦闘機ミラージュ2000がショーの最中に忽然と消息を絶つ。この非常事態に対応したのは、仏空軍のマルシェリ大尉とヴァロワ大尉。二人は旅客機の影でレーダーから逃れるミラージュを発見。たちまち三機のミラージュによる壮絶なドッグファイトが始まるが、油断したヴァロワが敵機の照準にロックオンされる。司令部から追撃中止命令が下る中、マルシェリはとっさの判断で敵機を撃墜。責任を問われた二人は軍籍を剥奪されてしまう。だが事件の裏には国家を揺るがす陰謀が潜んでいた。

「ナイト・オブ・ザ・スカイ」の解説

『TAXi』のジェラール・ピレス監督最新作。迫真のカー・アクションで世界を熱狂させた前作に続き、今作では大空を縦横無尽に疾駆するスカイ・アクションに挑戦。徹底的に実写の魅力にこだわったフライトシーンは、仏空軍の全面協力の下、本物の戦闘機ミラージュ2000の翼下に遠隔操作キャメラを何台も搭載して撮影。スピード、臨場感はもちろん、千々に流れる雲や空気の震えなど、空の質感をダイナミックにとらえた映像は感動的、CGに慣れた観客の度肝を抜くだろう。主演は『ピアニスト』でカンヌ映画祭男優賞に輝いたブノワ・マジメル。近年はフレンチ・アクションの立役者へとイメチェンしつつあるが、そのたたずまいには文芸映画仕込みの気品が漂う。ハリウッドのマッチョな主人公とは異なるアンニュイなヒーロー像にも注目して欲しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年2月18日
キャスト 監督ジェラール・ピレス
出演ブノワ・マジメル ジェラルディン・ペラス クロヴィス・コルニアック アリス・タグリオーニ フィリップ・トレトン
配給 UIP映画
制作国 フランス(2005)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ナイト・オブ・ザ・スカイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:17

広告を非表示にするには